読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YASUと英語の一年間

外資系への転職を目指し、英語と戦う日記。

【TORAIZ_10】自主学習記録 強調表現のコツは子音? シャドーイング、フレーズ暗記。

学習記録(午後)

内容:シャドーイング

進捗:(復習)No.7 (メイン) No.8-9

時間:2:00

 

内容:フレーズ暗記

進捗:付箋作成 No.31-36

時間:1:00

 

午後合計 3:00

一日合計 3:00

累計:33:45

 

気づいたことまとめ

 1.強調表現のコツは"子音"

 強調がどうしても変になる原因がわかった。

母音ではなく子音を長く取るのがコツっぽい。

 

例えば、You have to do that.と、have を強調したい場合。

今までは無意識的にhave のaを強調して強く、伸ばし気味に発音していた。

イメージ的には You haave to do that. になる。

すると録音して聞いたとき、何やら間延びしたような違和感を受ける。

だが今日教材をよく聞いていて、実際には h が伸ばし気味になっていることに気づいた。

イメージ的には You hhhave to do that. になる。

こうすると単語自体のリズムは崩れないので、録音して聞いても不自然ではない。

 

もちろん場合によって違ったりするだろうが、自分にとっては一つ大きな気づきであった。

 

 

以上。GW天気が良くて外が気持ちい。